名古屋市内の保育園 感染者で臨時休園が急増 過去最多54か所に

新型コロナウイルスの感染者が出たために名古屋市内では臨時休園する保育園が急増しています。18日に休園している保育園は54か所と、これまでで最も多くなり、およそ6400人の園児に影響が出ているということです。

名古屋市の保育園では、園児か職員に感染者が出て濃厚接触者が1人でもいた場合、10日間の臨時休園をすることになっていて、年明けから臨時休園が急増しています。

市によりますと、17日は12か所、18日も同じく12か所が新たに臨時休園となり、18日に休園している保育園は54か所と、第5波のさなかだった去年8月30日の51か所を超え、これまでで最も多くなったということです。

影響を受けている園児はおよそ6400人に上り、名古屋市では休園中の保育園に通う園児について、濃厚接触者を特定し、職員の態勢を整えるなどしたうえで特別に受け入れる「緊急保育」を実施していますが、実施できているのは8つの保育園にとどまっているということです。

名古屋市保育運営課は「過去と比べても休園のペースはかなり早く、子どもの居場所や保護者の就労支援という保育園の役割を考えると負担をかけてしまい、大変心苦しく思っています。引き続き感染対策を徹底していくしかありません」と話しています。

休園していない保育園でも危機感

急激な感染の拡大で、休園していない保育園でも、休園のおそれが高まっているとして危機感を募らせています。

121人の園児が通う名古屋市熱田区の高蔵保育園は、これまで新型コロナの影響で臨時休園になったことはないということです。

感染対策として保育園では、靴箱や扉、おもちゃなど、建物の中にある園児が手が触れる箇所をすべて時間を決めて消毒しているほか、窓の一部を常に空けておき、15分から30分に一度は全開にして換気をしています。

一方、今月に入ってからは、濃厚接触者になるなどしてPCR検査を受ける人が複数出ていて、危機感が高まっているということです。
高蔵保育園の武藤直子園長は「ほかの保育園で休園となるところが相次ぎ、保護者の方々が仕事に行けなくなるなど、いままでにない困っている状況が生まれていると思います。いつ、誰がかかるかわからないのが新型コロナなので、心配している毎日です」と話していました。