長野 八ヶ岳連峰で遭難 高齢の男女3人全員発見 女性1人死亡

17日夜、長野県の八ヶ岳連峰で高齢の男女3人が遭難し、18日午前、捜索中の警察などに全員発見されましたが、女性1人が死亡しました。

17日午後7時半すぎ、長野県の八ヶ岳連峰の標高およそ2600メートルの天狗岳の山頂付近で70代から80代の男女3人のパーティーから「身動きがとれなくなった」と消防に通報がありました。

警察の山岳救助隊などが18日早朝から捜索を行ったところ、午前8時前に山頂付近で3人を発見し、近くの山小屋に搬送しました。

警察によりますと、3人のうち、佐賀市の無職、今泉己希子さん(71)は意識不明の状態で見つかり、その後、死亡が確認されました。

同じく佐賀市から訪れていた71歳の男性と84歳の男性は、いずれもけがはなく、食事や会話もできる状態で、18日午後、山岳救助隊などに伴われて下山し、茅野市内の病院で診察を受けたということです。

警察などによりますと、3人は16日に入山し、17日は山小屋に宿泊する計画でした。

テントは用意していなかったということで、3人は岩陰で毛布などをかぶって身を寄せ合い、声を掛け合いながら過ごしていたということです。

警察は、3人が遭難した状況について、詳しく調べることにしています。

山小屋の従業員「17日は朝から雪が降り夜は吹雪に」

長野県の八ヶ岳連峰の天狗岳の山頂付近で遭難した高齢の男女3人が宿泊する予定だった山小屋の従業員の女性は、17日の山の天候について「天気予報では晴れでしたが、朝から雪が降り、夜になると風も強くなって吹雪となり、あまり登山に適していない状況でした」と話していました。

そのうえで、「天狗岳は初心者向きのコースとして取り上げられることが多いですが、天気が悪くなれば危ないところなので、しっかりとした準備をしてきてほしいです。山では、天候が急に変わるケースもあるので、登山者には途中で引き返す勇気も持ってもらいたいです」と話していました。