スキー場 コース外でスノーボードか 男性3人行方不明 北海道

北海道富良野市で17日、「バックカントリー」と呼ばれるスキー場のコース外でスノーボードをしていたとみられる男性3人の行方が分からなくなっていて、警察は遭難したとみて18日朝から捜索を行っています。

17日、「富良野スキー場富良野ZONE」の頂上付近からコース外の「バックカントリー」に入った、北海道に住む30代から40代とみられる男性3人の行方が分からなくなりました。

警察によりますと、3人の携帯電話は依然、つながらず、現在も連絡が取れない状態が続いているということです。

3人と一緒にバックカントリーに入り、17日午後、ゲレンデに戻った北海道北見市の40代の男性は、間隔をあけてスノーボードで滑っていたところ、途中ではぐれたなどと話しているということです。

警察は3人が遭難したとみて、18日朝からスキー場のパトロール隊とともに現場に入り、ヘリコプターも出して捜索を行っています。

気象台 富良野の積雪 平年の1.7倍

旭川地方気象台によりますと、スキー場がある富良野市では18日午前0時半ごろ、マイナス10.8度まで気温が下がり、日中も最高気温が零度を下回る真冬日と予想されています。

また、富良野市の積雪は午前9時時点で86センチと、平年の1.7倍になっていて、18日昼すぎまで断続的に雪が降ると予想されています。