北朝鮮 “17日に「戦術誘導弾」の発射実験行った”と発表

北朝鮮は、国防科学院などの計画に従って「戦術誘導弾」の発射実験を17日に行ったと発表しました。
「西部から発射された2発が目標である日本海上の島を精密に打撃した」としています。

18日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、国防科学院などの計画に従って「戦術誘導弾」の発射実験が17日に行われたと伝え、紙面には、ミサイルがオレンジ色の炎を噴き出しながら上昇していく様子を捉えた写真1枚が掲載されています。

発射実験では「西部から発射された2発の戦術誘導弾が目標である日本海上の島を精密に打撃した」としたうえで「兵器システムの正確性や安全性などを確認した」としています。

韓国軍は、北朝鮮が17日午前、首都ピョンヤン郊外のスナン(順安)にある国際空港付近から日本海に向けて短距離弾道ミサイルと推定される飛しょう体を2発発射したと明らかにしていて、18日の発表は、この飛しょう体を指すとみられます。

北朝鮮は、今月14日にも、北西部から日本海に向けて短距離弾道ミサイルと推定される飛しょう体2発を発射し、15日に「鉄道機動ミサイル連隊」が列車からの「戦術誘導弾」の発射実験を行ったと発表しています。