UAEの首都で爆発 3人死亡 イエメンの反政府勢力が攻撃を主張

UAE=アラブ首長国連邦の首都アブダビにある国営石油会社の施設でドローンによる攻撃とみられる爆発が起きて3人が死亡し、UAEが軍事介入するイエメンの反政府勢力が攻撃を行ったと主張しました。

UAEの国営通信などによりますと、17日、首都アブダビにある国営石油会社の施設内で爆発が起きて、燃料輸送用の車両3台が炎上して施設の従業員のインド人とパキスタン人の合わせて3人が死亡し、6人がけがをしたということです。

地元の警察は、ドローンによる攻撃との見方を示すとともに、同じ日にアブダビ国際空港の建設現場で起きた火災との関連についても捜査しています。

これについて、イエメンの反政府勢力、フーシ派の報道官は17日、ビデオ声明を発表し「5発の弾道ミサイルとたくさんのドローンを使って空港や石油施設などに攻撃を仕掛けた」として攻撃を行ったと主張しました。

フーシ派はこれまで、軍事介入を主導するサウジアラビアに対し石油施設などをねらったドローンやミサイルの攻撃を繰り返してきましたが、UAEが標的となることはほとんどありませんでした。

攻撃を受けてUAE外務省は「民間人を標的にした非難されるべき犯罪行為だ」として強く非難し、イエメン内戦をめぐる対立がさらにエスカレートすることが懸念されます。