みずほFG 木原次期社長 企業風土改善で信頼回復したい考え強調

システム障害が相次いだ、みずほフィナンシャルグループの木原次期社長らが記者会見し、業務改善計画に盛り込んだ再発防止の徹底や、企業風土の改善に取り組み、早期に信頼を回復したい考えを強調しました。

みずほフィナンシャルグループは、17日、システム関連の要員確保や企業風土の改善などの再発防止策を盛り込んだ業務改善計画を、金融庁に提出しました。

これを受けて、来月、社長に就任する木原正裕氏と、4月に銀行の頭取に就任する加藤勝彦氏らが記者会見しました。

この中で木原次期社長は、一連のシステム障害を受けて、口座の解約が増えるなど、みずほは正念場にあるという認識を示し「改善計画を持続可能な形で日常の業務に組み込み、定着させていく。お客様、社会の信頼を早期に回復し、お役に立てる存在となるよう、私自身が先頭に立つ」と述べました。

また、加藤次期頭取は「社員の力を引き出し実行につなげ、銀行の社会的使命を果たし、お客様のお役に立てるよう全身全霊を傾けてまいりたい」と述べました。

みずほでは、改善計画をまとめているさなかの先月と今月にも、システム障害が発生していて、新たな経営体制のもとで再発防止の徹底と企業風土の改善によって、信頼の回復につなげられるかが課題となります。