自民 茂木幹事長「参院選 自公の選挙協力 党内調整を急ぐ」

夏の参議院選挙をめぐる、自民・公明両党の選挙協力の協議が難航していることについて、自民党の茂木幹事長は、公明党が求めている5つの選挙区での推薦の決定に向けて、党内の調整を急ぐ考えを示しました。

夏の参議院選挙をめぐって公明党は、候補者を擁立する予定の7つの選挙区のうち、東京と大阪を除く5つの選挙区で、自民党からの推薦を求めていますが、自民党はこれらの選挙区には党の候補者も擁立することから、結論が出ておらず、協議が難航しています。

これについて自民党の茂木幹事長は、記者会見で「参議院選挙の準備は、若干ずれ込んでいる状況だ。両党の選挙協力はこれまでの積み重ねもあり、公明党への推薦は、遠藤選挙対策委員長が地元組織との調整を加速している。私からもしっかり調整を進めてもらいたいと話している」と述べ、調整を急ぐ考えを示しました。

一方、公明党の山口代表は、記者団に対し「自民党の状況が遅れているのは残念だが、衆議院選挙があって、従来より準備が遅れたこともあり、公明党としてやるべきことをしっかり加速していきたい。連立政権を担っていく責任を共有しながら、望ましい結果が得られるよう対応したい」と述べました。