岸田首相「参院選勝利で政権基盤を安定させ好循環を」

夏の参議院選挙について、岸田総理大臣は自民党の役員会で、勝利によって政権基盤を安定させ、新型コロナ対応などの課題に結果を出すことで、さらに国民からの信頼につなげる好循環の実現を目指す考えを強調しました。

この中で岸田総理大臣は、17日に召集された通常国会について「参議院選挙を控え、しっかり乗り切ることで勝利を獲得したい。新型コロナ対応のほか『新しい資本主義』や、外交・安全保障、憲法改正などの課題にも応え、国民の信頼を得られるよう取り組んでいく」と述べました。

そのうえで「参議院選挙での勝利により安定政権が確立する。政治が安定することによって、さまざまな課題で結果を出すことができ、国民の信頼をさらに厚くして、政権基盤を安定させていく好循環を作っていきたい」と強調しました。