維新 国会の委員長手当 廃止法案提出 毎日6000円支給は不要

国会の委員会の委員長に、開会中、土日も含めて毎日6000円が支給されている手当は必要ないとして、日本維新の会は、この手当を廃止する法案を衆議院に提出しました。

法案では、衆参両院の常任委員会と特別委員会の委員長に、国会開会中、土日も含めて毎日6000円、月にして18万円程度が支給される現在の手当を廃止するとしています。

日本維新の会は、このほか、現在、国会の開会に合わせて一度にまとめて設置されている特別委員会について、審議がほとんど行われない委員会があるのは税金のむだづかいだとして、必要な委員会のみを設置し、月1回以上の審議を義務づけるべきだと主張しています。

法案を提出した日本維新の会の藤田幹事長は「特別委員会や委員長手当、そして文書交通費の在り方など国会議員の身分に関わる問題について、引き続き、厳しい姿勢で取り組んでいく」と述べました。