阪神・淡路大震災から27年 犠牲者を悼み記憶や教訓伝える1日に

6434人が亡くなった阪神・淡路大震災から、17日で27年です。
神戸市など大きな被害を受けた地域では、遺族らが地震が起きた午前5時46分に黙とうし、犠牲者を悼みました。
犠牲者を悼み、当時の記憶や教訓を伝える1日となります。

27年前の平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災では、建物の倒壊や火災などが相次ぎ、その後の「災害関連死」も含めて6434人が亡くなりました。

神戸市中央区の公園「東遊園地」では、犠牲者を追悼するおよそ5000本の竹と紙の灯籠が、震災が起きた日付の「1.17」と「忘れない」ということばの漢字の形に並べられました。

この文字には、震災から27年がたち「忘れてしまわないように」という思いや、思い出すのがつらく「忘れたい」人たちの思い、そして「忘れられてしまう」といった危機感など、さまざまな意味が込められています。
地震が起きた午前5時46分に訪れた人たちが静かに手を合わせ、犠牲者に黙とうをささげました。

会場の東遊園地は改修工事のためスペースが限られていて、ことしは炊き出しや写真パネルの展示などが取りやめられました。

また、新型コロナウイルスの感染対策として、混雑を避けるため、灯籠の明かりは去年と同じように半日早い16日夕方からともされています。

震災を経験していない世代が増える中、当時の記憶や教訓を伝えるため、17日は県内各地で体験の語り継ぎや学校での避難訓練などが行われます。