受験生ら切りつけ 逮捕の高2「東大入りたかったが成績で悩み」

15日朝、大学入学共通テストの会場になっている東京大学の門の前で受験生など3人が切りつけられてけがをした事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された名古屋市の高校2年生の男子生徒が「医者を目指していて東大に入りたかったが、成績が落ちてきて悩んでいた」と供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。警視庁が詳しいいきさつを調べています。

15日午前8時半ごろ、東京 文京区の東京大学の門の前の歩道で、大学入学共通テストの受験に来ていた18歳の男子高校生と17歳の女子高校生、それに72歳の男性が包丁のような刃物で切りつけられました。

3人は背中付近を切りつけられて病院に運ばれいずれも意識はあるということですが、72歳の男性が重傷だということです。

警視庁によりますと、名古屋市に住む17歳の高校2年生の男子生徒が現場で取り押さえられ、殺人未遂の疑いで逮捕されました。

男子生徒は受験生ではなく名古屋市内の高校に通っていて、14日、自宅に帰らなかったため家族から行方不明届が出されていたということです。

また、調べに対して「医者を目指していて東大に入りたかったが、1年前から成績が落ちてきて悩んでいた」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かりました。

さらに「事件を起こして死のうと思った」とも供述しているということです。

男子生徒は14日夜、名古屋から高速バスに乗り、15日午前6時ごろに東京に着いたということで「包丁を自宅から持ちだした」と説明しているということです。

警視庁が事件の詳しいいきさつを調べています。

「事件起こして死にたい」相次ぐ

去年からことしにかけて、多くの人がいる場所で無差別に切りつけたり「大きな事件を起こして死にたい」などとして面識のない人を巻き込んだりする事件が相次いでいます。

去年8月には東京の小田急線の車内で、乗客が刃物で切りつけられるなどし、10人が重軽傷を負いました。

警視庁によりますと逮捕された36歳の容疑者は「自分だけ不幸な人生だと思い大量に人を殺したかった」などと供述していたということです。

また去年10月には東京の京王線の車内で乗客の男性が刺されて意識不明の重体になり、さらに車内が放火されて16人がけがをしました。

捜査関係者によりますと無職の25歳の容疑者は「人を殺して死刑になりたかった。仕事で失敗して友人関係がうまくいかなかった」などと供述したということです。

さらに今月8日には東京・渋谷区の焼き肉店で男が店長を人質にとって立てこもる事件が起き、28歳の容疑者が監禁の疑いで逮捕されました。

捜査関係者によりますと、容疑者は先月に長崎県から上京し路上生活をしていたということで調べに対して「生きる意味を見いだせず、警察に捕まって死刑になればいいと考えた」などと供述しているということです。

複数の捜査幹部への取材によりますと、自暴自棄ともとれる一連の事件では、自分の生活がうまくいかないことなどに不満を持ち、それを周りや社会のせいにするような供述が目立つということです。

また、「死刑になりたい」「死んでしまいたい」などと話すケースもあり、ある捜査関係者は「現実から逃避したいという意識が強く、しかも他人を巻き込もうとするところが共通する特徴ではないか」と分析しています。

一方で、いずれも事件でも場当たり的な行動が目立ち、「何を考えているのか理解できない部分もある」と話す捜査幹部もいました。

専門家「不遇を社会のせいに」

面識のない人を巻き込むなどする事件が相次いでいることについて、犯罪精神医学が専門の聖マリアンナ医科大学の安藤久美子准教授は、「多くのケースでは、みずからの不遇な環境や思い通りにいかないことに不満を抱いている。しかし、自殺を考えても死にきれず、なぜ自殺に追い込まれなければならなくなったのかと考えた末に、他人や社会のせいにして事件を起こしているとみられる。社会に対してアピールしたり、不満を発散したりする目的もあるのではないか」と指摘しています。

その上で、「インターネットやSNSの普及によって事件に関する情報が簡単に入手できる環境になり、犯人にみずからの境遇を重ねるなどして手口を模倣するケースも出てきていると考えられる。今回の事件も、これまでに分かっている情報をふまえると過去の事件を参考にした可能性が高いと思う」と話していました。