ロシア治安機関 アメリカの要請受けハッカー集団を拘束

ロシアの治安機関は、アメリカ政府の要請を受けて、アメリカなどの企業に大規模なサイバー攻撃を行っていた疑いのあるハッカー集団のメンバーを拘束したと明らかにしました。

ロシアの治安機関、FSB=連邦保安庁は14日、アメリカ政府の要請を受けて、ロシアを拠点とするハッカー集団、「REvil」のメンバーを拘束したと明らかにしました。

拘束したのはロシアで活動する14人で、犯罪で使われた疑いがあるパソコンや車両などを押収したということで、FSBは「組織化された犯罪集団を解体した」としています。

「REvil」は、「ランサムウエア」と呼ばれる身代金要求型のウイルスを用いてアメリカなど世界各国の企業や組織にサイバー攻撃を仕掛けていた疑いが持たれています。

アメリカ政府の高官は14日、記者団に対し、拘束されたうちの1人は、去年5月にアメリカで国内最大級の石油パイプラインが「ランサムウエア」によるサイバー攻撃を受け、身代金が奪われた事件に関わっていたとしたうえで、「ロシア側の行動に満足している」として歓迎しました。

アメリカとロシアは、ウクライナ情勢をめぐって緊張が続いていますが、一方で、去年6月に行われた首脳会談を受けて、サイバー攻撃などをめぐって両政府の高官協議が進められていて、今回はロシア側が要請に応えた形になっています。