軽井沢スキーバス転落事故から6年 現場の慰霊碑で遺族らが祈り

長野県軽井沢町でスキーツアーのバスが道路脇に転落し、大学生など15人が死亡した事故から6年となる15日、現場では遺族などが祈りをささげました。午後には遺族やバス業界の関係者などが出席し運行の安全を誓う集会も開かれ、再発防止に向けた取り組みを続けていくことを確認しました。

6年前の平成28年1月15日、長野県軽井沢町でスキーツアーのバスがカーブを曲がり切れずに道路脇に転落し、首都圏に住む大学生など15人が死亡し、26人がけがをしました。

事故から6年となる15日は早朝から、現場にある慰霊碑で遺族や関係者などが、花を手向けるなどして祈りをささげていました。
午後には、遺族らの呼びかけでバス業界や旅行業界、それに国や町の関係者が出席して運行の安全を誓い合う集会が現場近くで開かれました。

この中で、大学生の息子を亡くした遺族会代表の田原義則さんは「時間の経過とともに事故を風化させないよう開催を考えました。事故を教訓に再発防止を誓い合いたい」とあいさつしました。

会はその後、非公開で行われましたが、遺族などによりますとバス業界側は、コロナ禍で業界の体力が弱るなかでも安全を最も重視していく考えを示したということです。

そして、出席者全員で安全を誓い、来年以降も集会を続けて、再発防止につなげていくことになったということです。

田原さんは「バス業界など多くの関係者が集まって話し合いができたことは大きな意味があると思います。事故を教訓として再発防止に向けた活動を進めていきたい」と話していました。

遺族「裁判で被告の責任明らかに」

6年前の軽井沢町でのバス事故で亡くなった西原季輝さん(当時21)の母親は「あっという間に丸6年がすぎました。あのかわいかった笑顔をもっと見たかったですし、ずっと忘れることはできません」とコメントを出しました。

この中で、この事故をめぐって、去年10月から行われているバス運行会社の社長と元社員の裁判について、「2人の被告は『運転手が事故を起こすとは思わなかった』と言っていますが、運転手だけのせいにはなりません。今後の裁判で2人の被告の責任が明らかになるよう、当時の状況を知る人たちの証言を待ちたいと思います」としています。

さらに、「バスに限らず、トラックやタクシー、自転車に乗る人もすべての人がわれさきにと進むのではなく、周りに配慮した余裕のある運転をしてほしいです。そうすることで事故は必ず減っていくと思います」と事故防止や安全への思いなどがつづられています。

息子を亡くした男性「あの日のこと忘れられない」

当時、大学1年生だった息子の陸人さんを亡くした大谷慶彦さんは、取材に対し、「きょうは慰霊碑の前で息子に『今年も来たよ』と報告した。あっという間の6年で、まだあの日のことが忘れられず、家族の1人がいなくなったあの時点で記憶が止まっている」と今も悲しみが続く胸の内を語りました。

そして「新型コロナで大変だと思うが、バス会社には安全を最優先にして営業してもらいたい」と安全な運行をするよう求めました。

バスつり上げたレッカー会社の社長も花手向ける

道路脇に転落したバスをつり上げる作業にあたった小諸市のレッカー会社の加藤幸之助社長も午前11時ごろに慰霊碑を訪れ、花を手向けました。

加藤社長は「悲惨な事故から6年たったが、今もはっきりと覚えている。このような事故が1件でも少なくなることを願っている」と話していました。

尾木直樹さん「事故を風化させてはいけない」

軽井沢町のバス事故で4人の教え子を亡くした法政大学名誉教授の尾木直樹さん(75)は正午前、慰霊碑を訪れ、花束を手向けて祈りをささげました。

尾木さんは「こういう形で命を落とした学生たちは本当に無念だと思うし、絶対にこの事故を風化させてはいけない。体が元気なうちはこれからも毎年、現場を訪れて献花を続けたい」と話していました。

また、バスの安全運行の在り方について「企業任せではなく政府がバス会社に対してもっと指導や支援を行うべきだ。国民の命と安全を守ることに税金が投入されても誰も不満は言わないはずだ」と述べていました。

国交省政務官「改めて重く受け止めた」

事故の再発防止や安全なバス運行を誓う集会に出席した国土交通省の政務官や旅行業界の関係者らは集会後、慰霊碑に移動して、祈りをささげて追悼しました。

国土交通省の木村次郎政務官は「若い方々が亡くなった重大な事実を改めて重く受け止めた。コロナが落ち着けば再びバス業界の需要も高まると予想されるので関係団体と連携しながら安全なバス運行が進むように取り組んでいきたい」と述べました。

また、旅行会社などで作る日本旅行業協会の志村格理事長は「安全は心がけがないと保つことができない。軽井沢町のバス事故ではバス会社が法令を下回る運賃で業務を引き受けたことも事故の原因の1つと言われているので、改善が必要だ」と話していました。

軽井沢町の藤巻進町長は「6年が過ぎたというより時間が止まっている気がする。きょうは遺族などによる安全安心の集いの1回目だったが、今後も遺族会と一緒に継続してやっていきたいと考えている」と述べました。