オランダ 営業制限などの規制 感染対策を条件に一部緩和

オランダ政府は、新型コロナの変異ウイルス、オミクロン株の感染拡大を懸念して先月から行ってきた店舗の営業制限などの規制について、感染対策をとることを条件に一部緩和することを決めました。

オランダではオミクロン株の感染拡大を懸念して、クリスマスを控えた先月19日から、スーパーや薬局などを除く小売店や飲食店の店内での営業を禁止するなど、厳しい規制を行ってきました。

それでも感染は今月に入って急拡大し、14日に報告された感染者数は3万5000人を超え、これまでで最も多くなった一方、入院する人は減少傾向にあります。

こうした中、ルッテ首相は14日に記者会見し、小売店について感染対策をとることを条件に、店内での営業を午後5時まで認めるなど、規制を一部、緩和することを発表しました。

ただ、「先行きは不透明で、規制を一気に解除することはできない」として、飲食店の店内での営業禁止は今月25日まで続けるとしています。

会見ではあわせて濃厚接触者について、症状がなく、ワクチンの追加接種を受けてから1週間以上たっていれば隔離は必要ないという方針も示されました。