統計データ書き換え問題 国土交通省 再発防止策の検討急ぐ

国の統計の中でも特に重要な「基幹統計」のデータの書き換え問題で、国土交通省は、検証委員会がまとめた報告書に沿って再発防止策の検討を急ぐことにしています。
実効性ある対策を速やかに実行し、信頼の回復につなげられるかが課題になります。

「基幹統計」の1つで建設業の毎月の受注動向などを示す「建設工事受注動態統計」を巡って、国土交通省がデータを書き換えるなどの不適切な処理を続けてきた問題で、第三者による検証委員会は14日、報告書を公表しました。

この中では、問題の背景について担当職員が統計に関する十分な知識を備えていないことがあるなどと指摘していて、国土交通省は報告書の内容に沿って再発防止策の検討を急ぐことにしています。

また、すでに廃棄したデータを書き換え前のものに復元し、問題となった統計の結果をできるかぎり過去にさかのぼって修正することも検討するとしています。

検証委員会は報告書の中で、国土交通省が問題を公表してこなかったことについて、「『隠ぺい工作』とまでいうかどうかはともかく、幹部職員が責任追及を回避したいといった意識があったと考えざるを得ない」と、厳しく批判していて、実効性ある対策を速やかに実行するとともに、組織風土も見直し信頼の回復につなげられるかが課題になります。