イオン 商業施設などに新たに800店以上 キャンドゥ出店へ

流通大手のイオンは、子会社化した100円ショップを展開するキャンドゥについて、今後、5年間で800店以上を新たに商業施設などに出店させ、事業を拡大する方針を明らかにしました。

イオンは、TOB=株式の公開買い付けなどを通じ、キャンドゥの株式の51%を取得し、今月5日に子会社にしました。

これを受けて、14日に都内で両社の社長が会見し、現在、全国におよそ1200あるキャンドゥの店舗網について、グループのショッピングセンターなどを中心に、今後5年間で新たに800店以上、出店させ、2000店まで拡大させる方針を明らかにしました。

100円ショップをめぐっては、出店競争の激化や原材料価格の上昇などで、経営環境が厳しさを増していて、両社は店舗網の拡大を通じ、規模を生かして調達コストなどを削減するほか、子ども向けの雑貨やおもちゃなどを共同で開発し、来店客の増加につなげることで相乗効果を発揮したいとしています。

会見でイオンの吉田昭夫社長は「価格競争に終始せず、価値のある商品を開発し、若い人や、子どもたちが来てくれる店を作りたい」と述べました。

また、キャンドゥの城戸一弥社長は「最大の経営課題は、売り上げや利益が横ばいで硬直していることだ。イオンの力を最大限活用し、お客様の満足度を向上させたい」と述べました。