円相場 値上がり 世界経済の先行きに警戒感 リスク避け円買い

14日の東京外国為替市場は、世界経済の先行きへの懸念からリスクを避けようと比較的安全な資産とされる円を買う動きが出て、円相場は値上がりしました。

午後5時時点の円相場は、13日と比べて61銭円高ドル安の、1ドル=113円79銭から80銭でした。

ユーロに対しては、13日と比べて69銭円高ユーロ安の、1ユーロ=130円46銭から50銭でした。

ユーロはドルに対して、1ユーロ=1.1465から66ドルでした。

市場関係者は「アメリカの利上げのペースが予想よりも速まるのではないかという懸念から、世界経済の先行きへの警戒感が出て、リスクを避ける動きが広がった。東京市場で株価が大きく下落する中、比較的安全な資産とされる円を買う動きが優勢だった」と話しています。