コロナ飲み薬 薬局で提供始まる 感染急拡大で自宅療養者増え

新型コロナウイルスの感染の急拡大によって自宅療養者が増えていることから、街の薬局ではクリニックの処方を受け、飲み薬を自宅に届けるなどして提供を始めています。

アメリカの製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルスの飲み薬は、去年の年末に国内での使用が承認され、今月9日時点で全国のおよそ8000の医療機関と薬局におよそ2万4000人分が配送されています。

感染の急拡大によって自宅療養者が増えていることから、クリニックでの処方も始まっていて、神奈川県綾瀬市の薬局では今月6日以降、3人の患者に提供しました。

患者は自宅やホテルで療養していた20代から80代の男女で、薬剤師が電話で本人や家族に服薬指導を行ったうえで、直接自宅に出向いて薬を届けたということです。

その直後に別の患者の依頼が来ましたが、当初3箱しか注文できず薬が足りなくなったため、他の薬局を紹介して対応してもらったこともあったということです。

注文数限られる 薬剤師「在庫が心配」

飲み薬は足りなくなると専用のサイトを通じて追加で注文できる仕組みになっていますが、一度に注文できるのは数箱程度に限られているということです。

管理薬剤師の植田綾さんは「飲み薬は発注数が限られているので、患者が増えてくると在庫が心配です。薬を提供した人でも入院したと聞いたので、1人暮らしの人などはフォローアップも重要です。飲み薬に対応する薬局もまだ少なく、広域の患者をどうフォローできるのかが不安です」と話していました。

コロナ飲み薬の配布状況などは

アメリカの製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルスの飲み薬「ラゲブリオ」=一般名、モルヌピラビルは、先月24日に国内での使用が承認されました。

厚生労働省は、メルク側と合わせて160万人分の供給を受けることで合意していて、今月9日の時点で全国の医療機関や薬局およそ8000か所に対し、合わせておよそ2万3700人分を配布したとしています。

また、発症から5日以内に服用することが推奨されているため、厚生労働省は、薬局などから患者の自宅に速やかに配送する仕組みの整備を進めています。

このため、薬局などには夜間や休日も配送の依頼に対応するよう求めていて、難しい場合はほかの薬局などと輪番制で対応することも認めています。

札幌では患者の自宅に重症化防ぐ薬の配達

北海道内の新たな感染者の報告が300人を超え、自宅療養の患者が増えることが予想されるなか、札幌市では、新型コロナウイルスの重症化を防ぐ薬を患者の自宅に届ける取り組みが始まっています。

国は先月、新型コロナウイルスによる重症化を防ぐ飲み薬「モルヌピラビル」を承認していて、全国の自治体では、医療機関や薬局と連携して自宅療養中の患者に届ける取り組みを始めています。

札幌市では、市内の8つの薬局が11日から配達に対応していて、このうち中央区にある薬局では、先月28日に3人分の薬が届きました。

「モルヌピラビル」は、発熱外来など、市内170の医療機関で診察や検査を受けた患者のうち、重症化のリスクがあるなど、一定の条件を満たした人に医師が処方します。

薬局によりますと、届いた3人分の薬は処方先が決まっていませんが、発症から、なるべく早く服用するのが望ましいため、可能なかぎり医師が処方した日に配達できるよう準備しているということです。

薬局では、医療機関と細かな情報を共有したうえで、間違いのないよう患者の自宅まで薬を届けて、電話などで服薬指導を行うということです。

薬剤師の大森嵩さんは「感染が広がっていくなか、1人でも多くの方に薬が届き、重症化しないようになればと思う」と話していました。