サルたちが体を寄せて暖め合う「サルだんご」 香川 小豆島

香川県の小豆島にある自然動物園では、サルたちが体を寄せ合って厳しい寒さをしのぐ「サルだんご」が見られています。

小豆島の土庄町の標高350メートルにある自然動物園「お猿の国」では、餌付けされたニホンザルがおよそ500匹います。

寒さが厳しくなると数十匹が体を寄せ合って暖め合い、「だんご」のように見えることから「サルだんご」と呼ばれ、冬の風物詩となっています。

今月7日も午後、日が落ちてくるころから、あちこちで小さな「だんご」が見られました。

そして夕方になって、さらに冷え込みが厳しくなると、100匹近い大きな「だんご」になり、親ザルが子ザルを寒さから守る様子も見られました。

高松市から訪れた家族連れは「お猿さんも皆がくっついて暖をとって寒い冬を乗り切ってほしいですね」と話していました。

この「サルだんご」は来月の終わりごろまで見られるということです。