北海道~北陸の日本海側 12日以降 暴風雪や大雪に備えを

低気圧の影響で3連休後は広い範囲で天気が崩れ、特に北海道や東北の日本海側から北陸では、今月12日以降、暴風雪や大雪のおそれがあります。
最新の気象情報に注意し、備えを進めるようにしてください。

11日から低気圧発達 荒天に

気象庁によりますと、低気圧が日本海に発生し、11日の火曜日から12日の水曜日にかけて発達しながら北海道付近に進む見込みです。

全国的に天気が崩れて風が強まり、落雷や突風のおそれがあるほか、北海道を中心に雪が強まると予想されています。

12日以降冬型強まる 暴風雪・大雪に警戒

12日以降は冬型の気圧配置が強まって強い寒気も流れ込むため、北海道と東北の日本海側から北陸にかけて、暴風雪と大雪のおそれがあります。

猛吹雪や吹きだまりによる交通への影響のほか、暴風や高波にも警戒が必要になります。

地域ごとに発表される最新の気象情報に注意してください。

冬型の気圧続く見込み 除雪作業には安全対策を

また、強い冬型の気圧配置は14日の金曜日ごろまでは続く見込みで、積雪が大幅に増えるおそれがあります。

北日本から東日本の日本海側では、広い範囲で平年を上回る積雪になっています。

10日のうちに雪や暴風への備えを進めるようにしてください。

除雪作業は家族や近所の人など2人以上で行うとともに、雪下ろしの際は、はしごの固定や命綱の着用といった安全対策を取るようにしてください。