「内密出産」希望の女性が出産 熊本 慈恵病院 国内初の可能性

熊本市の慈恵病院は、病院以外に身元を明かさない「内密出産」を希望する女性が先月病院で出産していたことを明らかにしました。病院は「女性が今後身元を明らかにする可能性もある」として、相談を続けていきたいとしています。

慈恵病院は自宅などでの孤立出産を防ぐため、病院以外に身元を明かさない「内密出産」を3年前に独自に導入しています。

4日に会見を開いた病院によりますと、去年11月、西日本に住む10代女性から名前や住所などを明かさずに出産したいという相談があり、その後女性は病院に保護され、先月出産したということです。

女性はいまも身元を明らかにしていませんが、子どもが親の情報を知りたいと希望した時などのために、看護師ひとりに名前や住所などの個人情報を伝えたほか、健康保険証などのコピーを渡したということです。

女性はすでに退院し、赤ちゃんは病院で一時的に保護されていて、病院はこのままだと内密出産になる可能性があるとしています。

厚生労働省によりますと、これまで内密出産が国内で実施されたケースは報告されていないということです。

慈恵病院の蓮田健院長は会見で「女性は赤ちゃんへの愛情が強く、今後身元を明らかにする可能性もある」と述べて相談を続けていきたいとする一方、内密出産になった場合は赤ちゃんの戸籍の取り扱いなどに課題があるとして、行政には現実的な対応を求めたいとしています。