国民 玉木代表 ”参院選に候補者を積極的に擁立 党勢拡大へ”

国民民主党の玉木代表は、三重県伊勢市で記者会見し、夏の参議院選挙に候補者を積極的に擁立し、党勢の拡大を目指す考えを示しました。

国民民主党の玉木代表は、年頭にあたって三重県伊勢市の伊勢神宮に参拝したあと、記者会見しました。

この中で玉木氏は「ことしは経済活動や人の流れなどを、新型コロナの感染拡大前の水準に戻していくことに全力を傾ける年にしたい。日常を取り戻すための有効な手段として、3回目のワクチン接種を急ぐ必要があり、党を挙げて訴えていきたい」と述べました。

そのうえで「われわれの『改革中道』『対決より解決』という姿勢は引き続き貫きたい。まだまだ小さな勢力なので、大きくしていくことが必要で、参議院選挙では候補者の擁立を積極的に行い、特に定員が2人以上の『複数区』では、候補者を立てることを基本にしたい」と述べました。

また、国民民主党との連携強化に意欲を示す立憲民主党への対応について「共産党との関係に加え、政策面の一致も重要だ。立憲民主党が掲げる『原発ゼロ』は現実的ではなく、支援組織が納得できない政策を掲げているかぎり、一般論として協力は難しい」と述べました。