Uターンラッシュ きょうがピーク 高速道路では激しい渋滞

年末年始をふるさとや行楽地で過ごした人たちのUターンラッシュは3日がピークで、新幹線や空の便では満席が続いているほか、高速道路では激しい渋滞となっています。

新幹線・空の便

JR各社によりますと、新幹線は午後になってから上りの一部の列車で満席となり、自由席の乗車率は、▽東北新幹線や山形新幹線が最高で170%となったほか▽東海道新幹線の一部の列車でも140%にのぼりました。

空の便も各地から羽田や大阪に向かう便の予約率が90%を超えるなど終日、ほぼ満席になっているということです。

高速道路・激しい渋滞も

一方、高速道路は午後から東京などに向かう上り線を中心に混雑し、40キロを超える激しい渋滞となっているところもあります。

日本道路交通情報センターによりますと午後5時現在、▽東名高速道路では、神奈川県の伊勢原ジャンクション付近を先頭に41キロの激しい渋滞となっているほか▽東北自動車道では埼玉県の羽生パーキングエリア付近を先頭に21キロ、▽常磐自動車道では茨城県の千代田石岡インターチェンジ付近を先頭に16キロの渋滞になっています。

このほか、▽山陽自動車道の上り線が兵庫県の神戸ジャンクション付近を先頭に20キロ、▽九州自動車道の上り線は事故のため、福岡県の広川インターチェンジ付近を先頭に33キロの渋滞になっています。

北海道では雪の影響で通行止めとなっている区間があり東北や新潟県などでも冬用タイヤの装着が必要となっている区間があります。

4日にかけて北日本や東日本の日本海側では雪が降り続く見込みで最新の情報に注意してください。