北海道~北陸 3日以降 雪や風強まる見通し 交通影響に注意

前線を伴った低気圧の影響で、北海道から北陸では大気の状態が不安定になり、北海道を中心に吹雪になっています。

3日以降、冬型の気圧配置になるため、北日本を中心に雪や風が強まる見通しで、交通機関への影響にも注意してください。

気象庁によりますと、日本海にある前線を伴った低気圧が北海道に近づいている影響で北海道から北陸にかけて大気の状態が不安定になっています。

北日本を中心に雪が強まり、北海道などで、2日午後10時までの3時間に10センチ以上の雪が降っています。

風も強く、午後7時前には北海道奥尻町で28.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。

3日以降 冬型の気圧配置強まる 交通情報に注意

3日以降は冬型の気圧配置が強まり寒気も南下するため、北海道から北陸にかけては再び雪と風が強まると予想されています。

帰省先などから移動を予定している人は最新の気象情報や交通情報に注意するようにしてください。

3日夕方までの24時間に予想される雪の量はいずれも多いところで、
▽北海道の日本海側で50センチ
▽東北の日本海側で40センチ
▽新潟県で30センチで、
4日にかけて雪の量は増える見込みです。

低気圧に近い北海道では特に風が強くなる見通しで、3日にかけての最大風速は20メートル、最大瞬間風速は35メートルと予想されています。

気象庁は北海道では吹雪や吹きだまりによる交通への影響に警戒するよう呼びかけています。

日本海側の各地で平年を上回る積雪となっています。

なだれのほか、屋根からの落雪、除雪作業中の事故にも十分注意してください。