アパートで母親と娘が死亡 夫が“2人を殺害した”趣旨の話

1日、鹿児島市のアパートの部屋で28歳の母親と生後11か月の娘が血を流して倒れているのが見つかり死亡が確認されました。警察によりますと、浴室で倒れていた33歳の夫が2人を殺害したという趣旨の話をしているということで、警察が詳しいいきさつを調べています。

1日午後6時すぎ、鹿児島市吉野町のアパートの部屋で、この家に住む28歳の母親と生後11か月の娘が血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。

また、浴室で33歳の夫が首などから血を流した状態で見つかり、病院に搬送されましたが命に別状はないということです。

警察によりますと、部屋にはこの家族3人が暮らしていて、1日午後、夫の母親がアパートを訪れた際、部屋の内側からチェーンの鍵がかかっていたということです。

警察が夫から事情を聞いたところ妻と娘を殺害したという趣旨の話をし、自分のけがについては「自傷行為で負ったものだ」と説明しているということです。

警察は2人が死亡したいきさつなどについて、さらに詳しく調べることにしています。