元日の天気は “年越し寒波” 日本海側中心に大雪警戒

強い寒気と冬型の気圧配置の影響で日本海側の山沿いを中心に雪が降り続き、平地でも積雪が増えています。
元日の、1日昼前にかけては短時間のうちに積雪が増えるところもある見込みで、気象庁は大雪や路面の凍結による交通への影響などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、上空に強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置も強まっている影響で、日本海側の広い範囲で雪が降り続いています。

新潟県や長野県の山沿いに加え、東北でも雪が強まっています。

31日夜11時の積雪は
▽新潟県津南町で1メートル81センチ
▽福島県檜枝岐村で1メートル58センチ
▽長野県野沢温泉村で1メートル49センチなどとなっています。
平地でも積雪が増え
▽滋賀県米原市で46センチ
▽兵庫県豊岡市で36センチ
▽富山市で33センチ
▽福島市で15センチなどと
積雪が平年の2倍から3倍以上になっているところも多くなっています。
日本海側の沿岸部を中心に風の強い状態も続いています。

今後の見通しは

今後の見通しです。

冬型の気圧配置の強い状態は1日の午前にかけて続くため、北日本から西日本の日本海側では雪が降り続く見込みで、特に北陸から東北にかけては短時間で積雪が増えるおそれもあります。

また、北日本や北陸、新潟県では風の強い状態が続き、海上では大しけとなる見込みです。
気象庁は、路面の凍結や猛吹雪、吹きだまりによる交通への影響、暴風雪や高波に警戒するよう呼びかけています。

なだれや屋根からの落雪にも十分注意が必要です。

冷え込みも厳しく、東日本や北日本の各地ですでに氷点下まで下がっています。

初詣などで外出する際は、体調管理にも注意してください。