日本海側中心に雪が強まる 大みそかは短時間で積雪急増も

強い寒気と冬型の気圧配置の影響で日本海側の山沿いを中心に雪が強まっています。31日にかけて、短時間で積雪が急増するおそれがあり、気象庁は大雪や路面の凍結による交通への影響などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、上空に強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置も強まっている影響で、日本海側で雪が降り、新潟県や長野県、岐阜県の山沿いを中心に強まっています。

午後10時の各地の積雪は
▽新潟県津南町で1メートル50センチ、
▽福島県檜枝岐村で1メートル30センチ、
▽群馬県みなかみ町藤原で1メートル25センチなどとなっています。

平地でも降っていて、
▽富山市で9センチ、
▽金沢市で1センチなどとなっています。

風も強く、京都府の京丹後市丹後では午後7時半すぎ、26.5メートルの最大瞬間風速を観測しました。

今後の見通しは

冬型の気圧配置の強い状態は元日にかけて続くため、北日本から西日本の日本海側を中心に再び大雪になると予想されています。特に31日は、北陸や新潟県、それに近畿などで短時間で積雪が急増するおそれがあります。

31日夕方までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで、
▽新潟県で90センチ、
▽北陸で80センチ、
▽長野県で70センチ、
▽近畿と岐阜県、中国地方で60センチ、
▽東北の日本海側と関東北部で50センチ、
▽四国で15センチ
と予想されています。

さらに、元日の夕方までの24時間には、
▽新潟県で50センチから70センチ、
▽東北の日本海側と関東北部で40センチから60センチ、
▽北陸と近畿、長野県で30センチから50センチ、
▽中国地方と岐阜県で20センチから40センチ
の雪が降ると予想されています。

東海や近畿、四国の平地でも積もるおそれがあります。
また、元日にかけて日本海側を中心に風が強く、東北から北陸にかけての海上では大しけとなる見込みです。特に31日の大みそかは短時間で積雪が急増するおそれがあります。

気象庁は大雪や路面の凍結、吹雪、吹きだまりによる交通への影響に警戒するとともになだれや、着雪による停電にも注意するよう呼びかけています。

帰省などで人の移動が多くなる年末年始には、過去にも車の立往生や事故などが起きています。最新の気象情報を確認し、予定やルートの変更なども検討してください。