日本海側 28日明け方まで大雪のおそれ 交通影響に厳重警戒を

数年に一度クラスの強い寒気が流れ込んでいる影響で、西日本では26日夜から27日朝にかけて記録的な大雪となりました。
東北の日本海側や北陸、新潟県では28日明け方まで大雪のおそれがあり、引き続き車の立往生など交通への影響に厳重に警戒するとともに、雪崩や着雪による停電などにも十分な注意が必要です。

気象庁によりますと、日本の上空に数年に一度クラスの強い寒気が流れ込んでいる影響で、日本海側を中心に雪が降り続け、鳥取県智頭町では26日夜遅くまでの6時間に43センチの雪が降ったほか、27日朝にかけては滋賀県など近畿北部でも記録的な大雪となりました。

この時間は新潟県や東北を中心に雪が強まっています。

午後10時の積雪は
福島県只見町で153センチ、
新潟県津南町で131センチ、
滋賀県の彦根市で59センチ、
鳥取県倉吉市で53センチなどとなっているほか、発達した雪雲は東海にも流れ込み、岐阜市で3センチなどとなっています。

西日本から北日本の日本海側では、積雪が平年のこの時期の2倍以上に達しているところが多く、ふだん数センチしか積雪のない彦根市では30倍近くに達しています。

雪の量の見通し・車の立往生の危険も

今後の雪の見通しです。

発達した雪雲はしだいに東へ移動していて、広い範囲での大雪のピークは過ぎましたが、▽近畿は27日夜遅くにかけて▽東北、北陸、新潟県などは28日の明け方にかけて大雪が続くおそれがあります。

28日夕方までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで、
▽新潟県で70センチ、
▽東北、北陸、関東北部で60センチ、
▽岐阜県と長野県で50センチ、
▽近畿で40センチと予想されています。

大雪による交通への影響に厳重な警戒が必要で、雪崩や着雪による停電、屋根からの落雪にも十分注意が必要です。

気象庁と国土交通省は大雪となっている地域では不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。

また、28日も各地で厳しい冷え込みとなる見込みで、路面の凍結によるスリップ事故や歩行中の転倒、積雪の多い地域では除雪中の事故などに十分注意してください。

大晦日も冬型強まるか

冬型の気圧配置はこのあといったん弱まる見込みです。

一方、今週末の大晦日から元日ごろにかけて再び冬型の気圧配置が強まり、北日本から西日本の日本海側を中心に荒れた天気となって大雪や大しけとなるおそれもあります。

最新の気象情報を確認するようにしてください。

大雪の地域では不要不急の外出を控えて

大雪による交通への影響に厳重な警戒が必要で、雪崩や着雪による停電、屋根からの落雪にも十分注意が必要です。

気象庁と国土交通省は大雪となっている地域では不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。

また、27日朝は西日本や東日本の各地で氷点下の冷え込みとなったため、路面の凍結によるスリップ事故や歩行中の転倒にも十分注意が必要です。

官房長官「大雪の際 不要不急の外出極力避けて」

松野官房長官は記者会見で「あす(28日)にかけて北日本から西日本の日本海側を中心に、降雪量が増える見込みであり、引き続き厳重な警戒、注意が必要だ。これまで特段の人的被害などは確認されていないが、昨日は鳥取県の鳥取自動車道で車両滞留が発生し、本日も滋賀県の国道で通行止めが発生しているほか、鉄道、航空の運休など交通機関への影響が生じている」と述べました。

そのうえで「政府は、官邸危機管理センターに情報連絡室を設置するとともに、防災担当大臣のもと、関係省庁による災害警戒会議を開催し、大規模な車両滞留の回避に向けた取り組みと災害発生時における応急対応などを確認し、共有をした」と述べました。

そして「大雪となっている地域にお住まいの皆様は、あすにかけて交通障害などに警戒するとともに、気象情報や道路などに関する関係機関の情報にも注意をしてほしい。また、大雪の際には不要不急の外出を極力避けるようお願いしたい」と述べました。