【気象予報士解説】今後の雪の見通しと注意点は

数年に一度クラスの強い寒気が流れ込んでいる影響で西日本では26日夜から27日朝にかけて記録的な大雪となりました。
東北や北陸、新潟県の日本海側では28日明け方まで大雪のおそれがあり、引き続き車の立往生など交通への影響に厳重に警戒するとともに、雪崩や着雪による停電などにも十分な注意が必要です。

今後の雪の見通しや注意点について、山神明理 気象予報士の解説です。

【解説動画 1分33秒】

(この動画はデータ放送ではご覧いただけません)