【気象予報士解説】日本海側を中心に雪が強まる 今後の見通し

数年に一度クラスの強い寒気が流れ込んでいる影響で日本海側を中心に雪が強まり、平地でも積雪が増えています。

北陸から山陰にかけての地域を中心に、27日午前にかけて短い時間のうちに大雪となって車の立往生が発生するおそれもあり、気象庁などは大雪が予想される地域では不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。

今後の雪の見通しについて、向笠気象予報士の解説です。

【解説動画 1分43秒】
(この動画はデータ放送ではご覧いただけません)