近畿北部で記録的な大雪 車の立往生も さらなる積雪に警戒を

数年に一度クラスの強い寒気が流れ込んでいる影響で、特に近畿北部では記録的な大雪となり、車の立往生など、交通に影響が出ています。

28日にかけて日本海側を中心に積雪はさらに増える見込みで、車の立往生などに厳重に警戒するとともに、路面の凍結によるスリップ事故などにも十分な注意が必要です。

気象庁によりますと、日本の上空に数年に一度クラスの強い寒気が流れ込んでいる影響で、日本海側では雪が降り続け、特に近畿北部では記録的な大雪となっているところもあります。

27日朝にかけての24時間の降雪量は、兵庫県朝来市和田山で71センチ、滋賀県彦根市で68センチといずれも統計を取り始めてから最も多くなりました。

27日午前10時の積雪は、
▽滋賀県の彦根市で71センチ、米原市で68センチ
▽鳥取県倉吉市で63センチ
▽兵庫県豊岡市で44センチなどとなっているほか、
発達した雪雲は近畿から東海にも流れ込み、
▽岐阜市で5センチ
▽名古屋市でも2センチなどとなっています。

雪・風の見通し 交通影響に厳重警戒

今後の雪の見通しです。

発達した雪雲はしだいに東へ移動する見込みで、北陸や東北などでも警戒が必要です。

28日朝までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで、
▽新潟県で90センチ
▽近畿と岐阜県で80センチ
▽東北と北陸で60センチ
▽長野県で50センチ
▽中国地方と関東北部で40センチと予想されています。

このほか、東海や九州、それに四国の平地でも積もるところがある見込みです。

また、風の強い状態も続き、北海道や北陸にかけての海上では大しけやしけが続く見通しです。

大雪による交通への影響に厳重な警戒が必要で、雪崩や、着雪による停電にも十分注意が必要です。

不要不急の外出控えて

気象庁と国土交通省は、大雪となっている地域では不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。

また、27日朝は西日本や東日本の各地で氷点下の冷え込みとなりました。

路面の凍結によるスリップ事故や歩行中の転倒にも十分注意が必要です。

大雪の背景に「JPCZ」=「日本海寒帯気団収束帯」

27日朝にかけて、日本海側では平地でも「短時間」で「大量の」雪が降ると予想されていますが、この局地的な大雪の背景にあるのが「JPCZ」=「日本海寒帯気団収束帯」です。

気象庁はJPCZが若狭湾から山陰地方にかけて強い雪雲を流れ込ませるとみています。
冬型の気圧配置が強まると冷たい風が南下しますが、その途中、朝鮮半島の北側で高い山にぶつかり、風はいったん東西に分かれます。
そしてその後、日本海側に近づく時に再び合流します。
この風がぶつかるところをJPCZと呼び、発達した雪雲が形成されます。
日本海の海水温はもともと周囲より高いことに加え現在は平年よりも2度から3度も高い状況です。
このため大量の水蒸気が供給されて海上で雲が発達しやすく、日本海側の平地で大雪になったり、太平洋に近い東海や近畿の平地でも雪が強まったりするおそれがあります。

3年前の2月、北陸でおよそ1500台の車が立往生した際や去年12月、関越自動車道の新潟県内でおよそ2100台が立往生した際などにも影響したとみられています。

気象庁HP「今後の雪」でも確認を

雪がどこで強まっているのか、これからどこで強まりやすいのかは気象庁のウェブサイトからも確認できます。

「今後の雪」ではレーダーなどに基づき、3時間や12時間、24時間などに降った雪の量や現状の積雪の深さを5キロ四方ごとに解析し、地図上に色分けで表示しています。
この冬からは今後の雪の見通しも6時間先まで確認できるようになりました。
特に降雪量に注意が必要で、「3時間」や「6時間」の降雪量がオレンジや赤、紫に近づくほど危険な降り方です。
北陸や近畿、中国地方などで3時間で20センチから25センチの雪が降り、さらにその後の6時間で30センチから40センチの雪が降ると予想された場合、気象庁は大規模な立往生などの可能性が高まっているとして「顕著な大雪に関する気象情報」を発表します。
こうした情報にも注意してください。
帰省や旅行の予定もあると思いますが、予報を具体的にチェックし、状況に応じてルートの変更のほか、予定そのものを変えることも検討してください。