気象庁も警戒 大雪の原因“JPCZ”=日本海寒帯気団収束帯とは

「新幹線止まったら泣くぞ」「鹿児島で大雪警報の可能性あるの?」

SNS上には年の瀬の週末を直撃する大雪に戸惑いの声が。今回、気象庁が特に警戒しているのが平地でもわずか数時間のうちに大量の雪が降り、立往生などにつながるいわゆる「ドカ雪」です。その要因となるのが「JPCZ」=「日本海寒帯気団収束帯」です。

初めて聞いたけど何?と思われるかもしれません。

JPCZがなぜ危険なのか、そして「危険な雪の降り方」を把握する手段をぜひ知ってください。

大雪の時「強い寒気と冬型の気圧配置の影響で…」とよく説明されますが北から強い寒気が南下すると朝鮮半島でいったん東西にわかれます。

ペクトゥ山などの高い山があるためです。

そしてその後、日本海側に近づいた時に再び合流します。

これを「JPCZ」=(Japan sea Polar air mass Convergence Zone)日本海寒帯気団収束帯と呼びます。

発達した雲は筋状になり、長さは1000キロ程度に達します。

日本海の海水温は比較的高いため、大量の水蒸気が供給され、雪雲が特に発達します。

大雪になりやすい日本海側の山沿いだけでなく平地でも積雪が増えるほか雲が次々と流れ込むため、東海など太平洋側でも大雪になることがあります。

とどまると「ドカ雪」 JPCZで過去にも大雪の被害

この「JPCZ」は少しずつ位置を変えますが、とどまると「ドカ雪」になります。
2017年の2月にはJPCZが中国地方や近畿の日本海側付近にとどまって大雪となり、鳥取市では積雪が90センチを超えて記録的な大雪となりました。

鳥取県内ではおよそ250台が立往生したほか雪の重みによって港にあった漁船などが相次いで沈没しました。

また、ことし1月にはJPCZが若狭湾付近に停滞して大雪が降り続き、福井県の北陸自動車でおよそ1600台が動けなくなり解消までに2日以上かかりました。

天気図でも“JPCZ”の可能性がわかる

「JPCZ」ができそうな状況は天気図をみてもわかります。

ことし12月17日の天気図です。

東北や北陸の付近、等圧線が何本も「くの字」のようにくぼんでいるのがわかります。

こうした状況ではJPCZが形成され、平地にも大雪が降りやすくなります。

このとき、北陸ではわずか3時間に20センチほどの雪が降るなど、積雪が急激に増えました。

25日朝の予想天気図も「くの字」のようになっています。

気象庁は、今回の寒気は数年に一度クラスの強さに加え、北日本から西日本の広い範囲に影響が及ぶとしています。

気象庁HP「今後の雪」でも確認を

「どこに」「どの程度」雪雲がとどまりそうかを確認する方法もあります。

ことしからは気象庁のウェブサイトで6時間先までの雪の予想が見られるようになりました。

トップページの「大雨・大雪」のアイコンから「今後の雪」を選ぶと、降雪量や積雪の深さの予想を、6時間先まで確認することができます。

特に降雪量に注意です。

「3時間」や「6時間」の降雪量がオレンジや赤、紫に近づくほど危険な降り方になると思ってください。

また、強い雪が降るエリアが変わらない場合も危険です。

北陸や近畿、中国地方などで3時間で20センチから25センチの雪が降りさらにその後の6時間で30センチから40センチの雪が降ると予想された場合などに、気象庁は「顕著な大雪に関する気象情報」を発表します。

大規模な車の立往生などのおそれが高まっていることを伝える情報です。

帰省や旅行で遠出する予定もあると思いますが、予報を具体的にチェックし、状況に応じてルートの変更のほか、予定そのものを変えることも検討してください。

気象庁「今後の雪」
URLはこちら
https://www.jma.go.jp/bosai/snow/