数年に一度クラスの寒気 25日から日本海側中心に大雪のおそれ

数年に一度クラスの強い寒気が流れ込む影響で、25日から来週前半にかけて日本海側を中心に大雪となり、九州や四国などでも雪が積もるおそれがあります。
冬型の気圧配置も強まって猛吹雪になるところもある見込みで、気象庁などは立往生などが発生するおそれもあるとして、大雪が予想される地域では不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。

気象庁によりますと、25日以降、日本の上空に数年に一度クラスの強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見通しで、北日本から西日本にかけての日本海側を中心に大雪になる見込みです。

雪の量の見通しは

25日夕方までの24時間に降る雪の量は、北海道、東北、北陸で30センチから40センチと予想されていて、25日夜以降、各地で雪はさらに強まる見込みです。

25日夕方から26日夕方までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで
▽新潟県で70センチから90センチ
▽東北で60センチから80センチ
▽北陸、長野県、近畿、中国地方で50センチから70センチ
▽北海道と関東北部で40センチから60センチ
▽東海で20センチから40センチと予想されています。

特に26日は、西日本の日本海側を中心に発達した雪雲が次々とかかり、短時間で急激に降雪量が増えるおそれもあるとしています。

その後、27日夕方にかけての24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで
▽新潟県で70センチから1メートル
▽近畿で60センチから80センチ
▽北陸と長野県で50センチから70センチ
▽北海道と東北、関東北部で40センチから60センチなどと
来週前半にかけて積雪が大幅に増える見込みです。

平地でも大雪・九州でも積雪か

また、山沿いに限らず、平地でも大雪のおそれがあります。

強い寒気は西日本の太平洋側まで南下するため、四国や九州のふだん雪の少ないところでも積雪の可能性があります。

風も強まる・猛吹雪のおそれも

また、冬型の気圧配置も強まり、北日本から西日本にかけての日本海側を中心に風が強まるため、25日以降、荒れた天気となる見通しです。

強い冬型の気圧配置は28日ごろまで続く見込みで、気象庁は大雪による交通への影響などに警戒し、なだれや着雪、強風、高波にも十分注意を呼びかけています。

北海道を中心に猛吹雪にも警戒してください。

短時間で積雪が急増し、車の立往生などの危険性が高まるおそれがあります。

気象庁と国土交通省は、最新の気象情報を確認するとともに、大雪が予想される地域では不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。