インド高官がミャンマー訪問 影響力を確保するねらいか

インドは、外務省の高官が隣国のミャンマーを訪問し軍のトップと会談したと発表しました。国際社会が軍の統治の承認につながる動きを控える中、インドはミャンマーとの直接的な話し合いに乗り出すことで影響力を確保するねらいがあるとみられています。

インド外務省によりますと、シュリングラ次官は23日までの2日間、ミャンマーを訪問し、軍トップのミン・アウン・フライン司令官と会談しました。

この中でインド側はミャンマーに対し、早期に民主的な政治体制に復帰することや、すべての暴力を停止することの重要性を強調したとしています。

また、シュリングラ次官はアウン・サン・スー・チー氏が率いる政党の関係者などとも面会したほか、インド製の新型コロナウイルスのワクチン100万回分をミャンマー赤十字社に寄付したということです。

インドは、ミャンマー軍と武装した民主派勢力などとの間で続く戦闘で多くの人が国内に逃れてくることや、国境をめぐって対立する中国がミャンマー軍と関係を強化する動きを警戒しています。

ミャンマーをめぐっては、各国が軍の統治の承認につながる動きを控えていますが、インドはミャンマーの安定を重視して直接的な話し合いに乗り出すことで、影響力を確保するねらいがあるとみられています。