日大の田中英壽前理事長 保釈 脱税の罪で起訴 保釈金6000万円

脱税の罪で起訴された日本大学の田中英壽前理事長が21日夜、東京拘置所から保釈されました。保釈金は6000万円です。

日本大学の前理事長の田中英壽被告(75)は、21日午後7時すぎ、黒の帽子をかぶり、眼鏡とマスク姿で弁護士とともに迎えの車に乗り込み拘置所をあとにしました。

田中前理事長は背任事件で起訴された大阪の医療法人の前理事長や大学の元理事らから受け取ったリベートなどおよそ1億1800万円の所得を隠し、平成30年と去年の所得税、合わせて5200万円を脱税した罪で20日起訴されました。

弁護士の保釈請求に対し、東京地方裁判所は21日、これを認める決定をし、田中前理事長は保釈金6000万円を納めて保釈されました。

裁判所は、田中前理事長が起訴された内容を認めていることなどから、保釈を認めても逃亡や証拠隠滅のおそれは低いと判断したものとみられます。

関係者によりますと田中前理事長は、保釈の条件として背任事件で起訴された医療法人の前理事長や大学の元理事らとの接触を禁じられているということです。