大阪 ビル放火事件 ガソリン購入「バイクに使う」うその説明か

大阪 北区のビルに入るクリニックが放火され、25人が死亡した事件で、容疑者がガソリンを購入する際、「バイクに使う」と店に伝えていたことが捜査関係者への取材で分かりました。バイクの所有は確認されておらず、警察は、ガソリンを購入するためにうその説明をしたとみて調べています。

今月17日、大阪 北区曽根崎新地のビルの4階にある心療内科のクリニックが放火された事件で、21日未明、病院で治療を受けていた20代とみられる女性1人が死亡し、亡くなった人は25人となりました。

警察はこの事件で重篤な状態になり、殺人と放火の疑いで捜査している男について住所・職業不詳の谷本盛雄容疑者(61)と公表しています。

谷本容疑者は先月下旬、大阪 西淀川区内のガソリンスタンドでガソリンをおよそ10リットル購入していたことが分かっていますが、その際「バイクに使う」と店に伝えていたことが捜査関係者への取材で分かりました。

警察は谷本容疑者がバイクを所有していたか調べていますが、これまでのところ確認されていないということです。

警察はガソリンを購入するためにうその説明をしたとみて捜査しています。