脱税の鹿島建設東北支店元幹部に執行猶予つき有罪判決

大手ゼネコン『鹿島建設』東北支店の元幹部が東日本大震災の復興事業で下請け業者から受け取った謝礼金などおよそ2億2000万円の所得を税務申告しなかったとして脱税の罪に問われた裁判で、仙台地方裁判所は執行猶予のついた有罪判決を言い渡しました。

鹿島建設東北支店の元営業部長、宮本卓郎被告(55)は、平成30年までの2年間に震災復興事業の下請け業者から受け取った謝礼金などおよそ2億2000万円の所得を税務申告せず、8300万円余りを脱税したとして所得税法違反の罪に問われました。

21日の判決で仙台地方裁判所の中村光一裁判長は、「一会社員としては常軌を逸した高額の現金を受け取り遊興費などに使った。謝礼金を借入金に見せかけるため虚偽の借用書を作成するなどした」と指摘し、懲役1年、執行猶予3年を言い渡しました。

判決後、宮本被告は報道陣に対し「本当に調子に乗ったばかなことをして深く深く反省している。自分のせいで復興が遅れていたとしたら大変申し訳ない」と話しました。