新たな日本人宇宙飛行士 13年ぶり応募受け付け開始 JAXA

13年ぶりとなる新たな日本人宇宙飛行士の応募の受け付けが20日正午から始まりました。受け付けは来年3月までで、JAXA=宇宙航空研究開発機構は多くの人に応募してもらいたいとしています。

JAXAは13年ぶりとなる宇宙飛行士選抜試験の応募の受け付けを正午からインターネット上で始めました。

応募資格は3年以上の社会人に相当する実務経験のほか、身長は1メートル49.5センチ以上、1メートル90.5センチ以下などの医学的な特性を要件としています。

一方でこれまでは要件とされていた自然科学系の4年制大学の卒業以上という条件はなく今回は学歴の制限がありません。

応募の受付は来年3月4日正午までで、その後、書類選抜が始まり面接や筆記テストなど4段階の選抜を行って2023年2月ごろに結果を公表するとしていて採用は若干名だということです。

JAXAは新たな宇宙飛行士に求める人物像として協調性やリーダーシップのほか、今回は新たにミッションの体験や成果を広く共有する表現力や発信力を求めていて多くの人に応募してもらいたいとしています。

選ばれた飛行士は国際的な月探査計画に参加して月を周回する新たな宇宙ステーションに搭乗するほか、月面に降り立つことも検討されているということです。

選抜試験の応募要項と選抜の内容

今回の宇宙飛行士選抜試験の応募要項は次のようになっています。

応募の受付期間は12月20日から来年3月4日の正午までです。

2022年3月末の時点で3年以上の社会人に相当する実務経験があることが条件です。

医学的特性として、
▽身長は1メートル49.5センチ以上、1メートル90.5センチ以下、
▽視力は両目とも矯正視力が1.0以上で色覚や聴覚が正常であることとしています。

日本国籍がないと応募資格はないということです。

前回の選抜試験の募集条件との大きな変更点として、自然科学系の4年制大学の卒業以上としていた学歴の要件はなくしました。

選考は、来年3月から書類選抜を始め、面接や大学の一般教養レベルの筆記テストを実施するなど、4段階の選抜を行うとしています。

およそ1年かけて選抜を行い、結果は2023年2月ごろに公表し、採用は若干名だということです。

また、現役の女性宇宙飛行士がいないことから、女性の応募を促す広報活動を行うとしています。

一方、留意事項として、宇宙船に搭乗するまでの訓練が長くて7年から10年間程度に及ぶことがあるほか、訓練結果の評価や宇宙開発計画の変更などで宇宙飛行できない場合もあるとしています。

新しいミッション「月の探査」

国内では、これまで、国が認める宇宙飛行士は11人選ばれ、現役のJAXAの飛行士として7人が活動しています。

7人の平均年齢は、2021年11月時点で52歳と比較的、高くなっているほか、新しいミッションに対応する必要性から、新たな宇宙飛行士の募集を行うことになりました。

その新しいミッションは、月を舞台にした探査です。アメリカが主導して行う国際的な月探査計画「アルテミス」に参加し、月を周回する新たな宇宙ステーションの建設や、月面での活動などが想定されているということです。

月は、地球からおよそ38万キロ離れていて、地球を周回しているこれまでの国際宇宙ステーションよりも950倍余り離れています。

すぐに地球に戻ることができない場所での活動となり、難易度も上がるとしていて、そうしたこともあって学歴を問わず優秀な人材がほしいとしています。

そして、求められる資質として、JAXAが新たに打ち出したのが「表現力」や「発信力」です。

宇宙旅行が本格化して、民間人が宇宙に行けるようになっていることから、国の宇宙飛行士の活動について、これまで以上に広く理解を得ていく必要があると考えています。

そのため、これまでの協調性やリーダーシップに加えて「表現力」や「発信力」を求めています。