中国自動車メーカー 乗用車輸入販売店がオープン 大阪

中国の大手自動車メーカーの乗用車を取り扱う販売店が大阪にオープンしました。電動化などの分野で技術力が向上している中国メーカーの車が、日本市場で存在感を高められるかが焦点です。

大阪 浪速区に19日オープンしたのは、中国の大手自動車メーカー「中国第一自動車」の車を取り扱う輸入販売店で、記念のセレモニーが開かれました。

販売されるのは中国で高級ブランドとして知られる「紅旗」で、主に1台700万円から1100万円の高級車を輸入して販売するということです。

店は中国の自動車メーカーの乗用車を扱う専門店は国内では初めてではないかと話していて、日本に住む中国人の富裕層などの需要を取り込みたいとしています。

販売店の責任者を務める王力COOは「来年には東京にも同じようなショールームを出す予定だ。EV=電気自動車も含めて新しい車種を日本にどんどん投入していきたい」と話していました。

中国の自動車メーカーはここ最近、EVなどの電動車や車とインターネットがつながる通信システムなどで技術力を高めています。

バスやトラックなど商用車の分野では日本市場への進出を目指す動きも相次いでいますが乗用車はほとんどなく、今後、需要を掘り起こして存在感を高められるかが焦点となります。