大阪 ビル放火 容疑者とみられる人物 現場近くの防犯カメラに

17日、大阪 北区の繁華街のビルに入るクリニックから出火し、24人が死亡した火災で、NHKは谷本盛雄容疑者(61)とみられる人物をとらえた、現場近くの防犯カメラの映像を入手しました。

映像は、現場のビルから西におよそ1.5キロ離れた場所に設置された防犯カメラで撮影されました。

火災が起きる30分ほど前の午前9時49分、黒っぽいジャケットと帽子、それにマスクを着けた谷本容疑者とみられる人物が、自転車で現場の方向に向かっている様子がとらえられています。

リュックサックを背負っているのも確認できます。

自転車には前かごに袋のようなものが見えるほか、後ろの荷台には白っぽい荷物が載せられ、ひものようなもので固定されているのが分かります。