大阪 24人死亡のビル火災 身元が確認された6人を明らかに 警察

17日、大阪・北区の繁華街のビルで24人が死亡した火災で、警察は18日夜、このうち6人の氏名を明らかにしました。

17日午前、大阪・北区曽根崎新地の8階建てのビルの4階にある心療内科のクリニック「働く人の西梅田こころとからだのクリニック」で火災があり、24人が死亡しました。

警察は18日夜、これまでに身元が確認された6人の氏名を明らかにしました。

公表したのはいずれも大阪府内に住む、21歳から44歳の、男性2人と女性4人です。

一方、警察は、亡くなった人の遺体を詳しく調べていて、これまでに死因が確認できた人はいずれも一酸化炭素中毒とみられるということです。

この火災について、警察は殺人と放火の疑いで捜査しています。

捜査関係者によりますと火をつけたのはクリニックに通っていた大阪・西淀川区の61歳の男とみられ、男は病院で手当てを受けていて重篤な状態だということです。