大阪 ビル火災 男は自転車で移動か 一酸化炭素中毒で被害拡大

17日、大阪・北区の繁華街のビルに入るクリニックから出火し24人が死亡した火災で、火をつけたとみられる男が事件の直前に自宅からクリニックの方向へ自転車で向かう姿が周辺の防犯カメラに写っていたことが捜査関係者への取材でわかりました。

警察は現場まで自転車で移動したとみて詳しい足取りを調べています。

17日午前、大阪・北区曽根崎新地の8階建てのビルの4階にある心療内科のクリニック「働く人の西梅田こころとからだのクリニック」で起きた火災では28人が病院に搬送され、このうち24人が死亡しました。

警察と消防は18日、現場検証を行いました。

これまでの調べでクリニックに入ってきた男が、持っていた紙袋を暖房器具の近くに置いて蹴り倒し袋から液体が漏れ出して燃え上がるのが目撃されていて、警察は殺人と放火の疑いで捜査しています。

捜査関係者によりますと、火をつけたとみられるのはクリニックに通っていた大阪・西淀川区の61歳の男で、事件の直前に自宅からクリニックの方向へ自転車で向かう姿が周辺の防犯カメラに写っていたということです。

また、火災の30分ほど前に男の自宅でも放火によるとみられるぼやがあったということで、警察と消防は自宅の現場検証も行いました。

自宅から現場まではおよそ3キロ離れていて、警察は現場のビルまで自転車で移動し、クリニックに火をつけた疑いがあるとみて詳しい足取りを調べています。

男は病院で手当てを受けていて、重篤な状態だということです。

逃げ場失い、一酸化炭素中毒か

警察などによりますと、火災があった4階のクリニックは細長い間取りで、外に出る経路は出入り口の近くにあるエレベーターと階段しかありません。

診察室がある奥側から外に出る経路は無いということです。
これまでの調べでクリニックに入ってきた男は、出入り口付近の待合室にあった暖房器具の近くで持ってきた紙袋を置いて蹴り倒し、袋から液体が漏れ出して燃え上がるのが目撃されています。

また捜査関係者などによりますと、亡くなった人の多くは一酸化炭素中毒だったとみられるということです。

救助された際は出入り口から離れた奥側で倒れていたということです。

警察は男が出入り口付近で火をつけたため、多くの人が、外に出る経路が無い奥側に向かって逃げ場を失い、巻き込まれたのではないかとみています。

一酸化炭素中毒とは

一酸化炭素は無色透明で、臭いもないため発生していても気づきにくく吸い込むと、血液中で酸素を全身に運ぶ働きがある「ヘモグロビン」に結びついて、酸素が体に行き渡るのを妨げます。

これによりさまざまな症状が出るのが一酸化炭素中毒で、軽度の頭痛や吐き気などから始まり、その後、意識を失ったり死亡したりする危険があります。

一酸化炭素中毒は、自分自身でも症状に気がつきにくいとされ、空気中の一酸化炭素の濃度や吸い込む時間によって症状は大きく変わってきます。

東京消防庁などの資料によりますと、▽空気中の濃度が0.02%から0.03%の場合、5、6時間、吸い込むと頭痛や耳鳴りなどの症状が出ます。

▽0.07%から0.1%では3、4時間で呼吸や脈拍が早くなるなどし、やがて意識障害が出てくるとされています。

▽0.11%から0.15%では1時間半から3時間で、運動能力が失われたり、意識障害が出たりします。

さらに濃度が上がって▽0.5%から1%になると、わずか1、2分でも、呼吸障害が起こり、死に至るとされています。