あすにかけて日本海側中心に大雪のおそれ 暴風や高波にも警戒

冬型の気圧配置が強まる影響で、18日にかけて北日本から西日本の日本海側を中心に非常に強い風が吹き、大雪となるおそれがあります。猛吹雪による交通影響のほか、暴風や高波に警戒が必要です。この冬初めて本格的な積雪になるところもあり、車の立往生などが懸念されるとして、国は大雪が予想される地域では不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。

気象庁によりますと、18日にかけて上空に今シーズン一番の寒気が流れ込んで冬型の気圧配置が強まるため、北海道から中国地方の日本海側を中心に非常に強い風が吹き、大雪となるおそれがあります。

18日にかけて予想される最大風速は、
▽北陸と近畿で25メートル
▽関東甲信越と東海、中国地方で23メートル
▽北海道と東北や九州で20メートル
最大瞬間風速は30メートルから35メートルに達すると予想されています。

また波も高く、17日と18日は各地で大しけやしけが予想されています。

雪も強まる見込みで、18日朝までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで
▽新潟県で60センチ
▽北海道、東北、北陸、関東甲信で50センチ
▽東海と近畿で40センチ
▽中国地方で30センチ
▽四国と山口県で15センチと予想されています。

その後、18日の朝から19日朝までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで、
▽北海道と東北、北陸、それに新潟県で30センチから50センチ
▽関東甲信と東海、近畿、中国地方で20センチから40センチと予想されています。

日本海側の平地ではこの冬初めて本格的な積雪になるところもあるほか、四国など太平洋側の山地でも大雪となるおそれがあります。

気象庁は見通しのきかない猛吹雪や吹きだまりによる交通影響のほか暴風や高波に警戒を呼びかけています。

特に17日夜以降、暗い時間帯に急激に雪と風が強まるため、見通しが悪くなったりスリップ事故が起きたりして、車の立往生が発生する危険性があります。

この冬初めて、本格的な積雪になるところもあることから、国土交通省などは不要不急の外出は控え、車を運転する場合は最新の気象情報に注意してあらかじめ冬用タイヤやチェーンを装着しておくよう呼びかけています。