コンクリート製造工場で砂利に埋もれた男性2人死亡 奈良 生駒

14日午前、奈良県生駒市にあるコンクリート製造工場のサイロで70代の男性作業員2人が砂利に埋もれて出られなくなった事故で、2人は救出されたものの死亡が確認されました。

14日午前、生駒市南田原町のコンクリート製造工場「奈良生駒生コン」のサイロで、作業をしていた70代の男性2人が砂利に埋まって出られなくなっているのが見つかりました。

警察と消防が現場に駆けつけて救出作業をしましたが、およそ9時間後死亡が確認されました。
警察によりますと、サイロは高さおよそ10メートル、直径5メートルの円柱状で中には砂利が高さ5メートルほど入っていたということです。

2人はサイロの中ではしごを取り付ける溶接作業をしていたということで警察は労災事故として原因を調べています。