仙台 太白区 男性切りつけ事件 刃物を持った女が出頭

11日朝、仙台市太白区の商業施設で、60代の男性が刃物で切りつけられてけがをした事件で、現場から逃げていた容疑者とみられる女が仙台市内の警察署に出頭しました。切りつけたのは施設の清掃作業員とみられ、警察が殺人未遂の疑いで調べています。

11日午前5時半ごろ、仙台市太白区長町の商業施設「ザ・モール仙台長町」で、1階にあるスーパーの書籍コーナーで本を見ていた60代の男性が、施設の清掃作業員とみられる女から「おまえ邪魔だ」などと言われ、突然、刃物で切りつけられました。

男性は左肩のあたりを5センチほど切るけがをして市内の病院で手当てを受け、命に別状はないということです。

女はその場から走って逃げていましたが、警察によりますと、容疑者とみられる女が午前10時前に仙台南警察署に出頭したということです。

出頭した際「私がやりました」と話し刃物を所持していて、現場の防犯カメラの映像からは男性に向けて消火器を投げつける行為も確認されたということです。

警察は、殺人未遂の疑いで詳しいいきさつを調べています。