ことしの検索大賞に「大谷翔平」 この1年で検索数が最も上昇

インターネットの大手検索サイトで、ことし最も検索数が上昇した人物や作品などを表彰する「検索大賞」が発表され、大リーグで投打の二刀流として驚異的な活躍を見せた大谷翔平選手が大賞に選ばれました。

「Yahoo!検索大賞2021」は、インターネット検索大手のヤフーがこの1年で最も検索数が上昇した人物や作品などを表彰するもので、9日、公式サイトで部門ごとの賞が発表されました。

このうち大賞には、大リーグで投打の二刀流として活躍し、今シーズンのMVP=最優秀選手に選ばれた、エンジェルスの大谷翔平選手が選ばれ、アスリート部門とのダブル受賞となりました。

また、人物の部門ごとの賞では、
俳優部門にドラマや映画の人気作に出演したことで注目された眞栄田郷敦さん、
女優部門にテレビドラマで個性的な役柄を演じた真木よう子さん、
お笑い芸人部門では数多くのバラエティー番組に出演し、ことし4月に結婚を発表したことでも話題になった有吉弘行さん、
ミュージシャン部門にアメリカの音楽チャート「ビルボード」のシングル部門で1位となるなど、世界的に人気の高い韓国のグループ、BTSなどがそれぞれ受賞しています。

このほか、話題となった作品などを表彰する部門では、
ゲーム部門に競走馬を擬人化して育成するゲームアプリが人気となった「ウマ娘 プリティーダービー」、
ドラマ部門で俳優の清原果耶さんがヒロインを演じたNHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」が選ばれています。