豪も北京五輪・パラ「外交的ボイコット」表明 米に次ぎ2か国目

オーストラリア政府は、来年開かれる北京オリンピックとパラリンピックについて、政府関係者を派遣しないと明らかにしました。
北京オリンピックとパラリンピックへの「外交的ボイコット」を表明するのは、アメリカに次いで2か国目です。

オーストラリアのモリソン首相は8日、記者団に対し、来年開かれる北京オリンピックとパラリンピックについて、政府関係者を派遣しないと明らかにしました。

モリソン首相は、中国政府には新疆ウイグル自治区での人権侵害など、さまざまな問題があり、こうした問題をめぐって、オーストラリアが求めてきた協議に中国側が応じていないと非難したうえで「政府関係者が参加しないのは当然のことだ」と述べました。

北京オリンピックとパラリンピックをめぐっては、アメリカのバイデン政権が6日、政府関係者を派遣しない「外交的ボイコット」をすると発表していて、オーストラリア政府としては、同盟国アメリカに足並みをそろえた形です。

オーストラリアと中国の関係をめぐっては、オーストラリア政府が去年、新型コロナウイルスの発生源を解明するための独立した調査が必要だとの考えを示したのに対して、強く反発した中国が、オーストラリア産の農産物などの輸入を制限し、冷え込んだ状態が続いています。

中国外務省「来ようが来まいが誰も気にしていない」

中国外務省の汪文斌報道官は8日の記者会見で「中国は、北京オリンピックにオーストラリアの政府関係者を誰も招待しておらず、彼らが来ようが来まいが、誰も気にしていない」と述べました。

そのうえで「オーストラリアのやり方は、オリンピック憲章にあるスポーツの政治的中立という原則に著しく反するものだ。強烈な不満を示すとともに断固として反対する」と述べ、オーストラリア側に厳正な申し入れを行ったことを明らかにしました。