JR東日本 山手線などワンマン運転導入目指す 乗客安全確保課題

鉄道業界で将来的な人手不足が懸念される中、JR東日本は山手線など首都圏の路線で、運転士1人で車掌が乗り込まないワンマン運転の導入を目指すことになりました。早ければ4年後の導入を目指すとしていますが、長い列車編成も想定される中、乗客の安全確保が課題となります。

ワンマン運転の導入が検討されているのは、
▽山手線の全線と
▽京浜東北・根岸線の大宮と大船の間、
▽南武線の立川と川崎の間、
▽横浜線の東神奈川と八王子の間、
それに
▽常磐線各駅停車の綾瀬と取手の間などです。

JR東日本は東北など合わせて41の路線で、1両から最長5両までの列車でワンマン運転を行っていますが、人口減少を背景に将来的な人手不足が懸念されることから、首都圏の主要な路線でも導入を目指すことになりました。

今後、運転席からホーム上の安全確認を行うカメラを車両に設置するほか、山手線など一部ではATO=自動列車運転装置の整備を進め、2025年から2030年ごろの導入を目指すとしています。

ただ、首都圏の路線でのワンマン運転の実現に向けては、11両で編成されている山手線をはじめ、長い車両の編成が想定され、乗客の安全をどのように確保していくかが課題となります。