3回目接種“国が間隔短縮した場合 速やかに対応” 大阪府知事

新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種について、大阪府の吉村知事は、高齢者を中心に早めに行うべきだとして、国が2回目接種との間隔を短縮した場合、市町村の意向を確認したうえで速やかに対応する考えを示しました。

ワクチンの3回目の接種について、国は、これまでクラスターが発生した医療機関や高齢者施設などを除き、2回目からの間隔を原則8か月以上としてきました。

これについて大阪府の吉村知事は6日、記者団に対し「オミクロン株も入ってくるだろうし、感染拡大の大きな波がいつ来るか分からない。2回目の接種を受けても時間がたてば効果が下がるとされ、高齢者を中心に早めに3回目の接種をすべきだ」と述べました。

そのうえで、国が2回目の接種からの間隔を短縮した場合には「市町村の意向を確認して手をあげたい。府としても大規模接種の会場をスピード感を持って準備したい」と述べ、市町村の意向を確認したうえで速やかに接種を進める考えを示しました。