東電 電力使用率が一時 “非常に厳しい水準”に すでに復旧

東京電力管内では6日、電源設備のトラブルが起きたことなどから、電力需給が、一時、非常に厳しい水準となりました。
設備はすでに復旧していて、東京電力の送配電部門は「電力の安定供給に支障はない」としています。

発電事業者のJERAによりますと千葉県の千葉火力発電所3号系列の一部で6日、ガスタービン設備にトラブルがあり、午後2時前からおよそ5時間にわたり、運転を停止しました。

さらに、寒さで暖房の電力需要が高まったことなども重なり、東京電力管内では午後2時台に供給力に対し需要が占める割合、「使用率」が97%と一時、非常に厳しい水準となりました。

その後、管内のほかの発電所の出力を上げるなど供給力を確保したことで、使用率は改善されたということです。

また、トラブルがあった設備はすでに復旧し運転を再開していて、東京電力の送配電部門、東京電力パワーグリッドは「電力の安定供給に支障はない」としています。

会社によりますと、7日の使用率は、午後8時台にピークを迎えると予想され、最大で93%とやや厳しい水準となる見通しです。